微笑む女性

一棟売りマンションを買おう|低リスクで安心

賃貸経営と税務

作業着の男性

マンションの経営

マンション経営で大切なことは入居率を上げることです。入居率が低い場合には計画通りに家賃収入を得ることができず、経営状態が悪化することも珍しくありません。入居率を上げるためにはどのような方法があるのかというと、入居率を上げるための設備を設置することが大切です。入居率に関係する設備は、現在は防犯サービスの設置が人気です。たとえばオートロックの設置やカメラ付インターホンなどです。これらの設備が設置されているマンションなどは設備のないマンションに比べると人気があり同じ家賃設定や周辺状況の部屋があれば、設備のあるマンションが選ばれやすくなります。マンション経営においてこれらの投資は他に比べて高額ではないため力をいれるべきポイントといえるでしょう。

マンションの経営と税務

マンション経営において注意すべき点としては、税務上のリスクです。当然利益が出れば税金を納付する必要がありますが、利益が出ているからといって必ずしもキャッシュが残っているとは限りません。その原因としては、借入金があります。マンション経営は初期投資が大きくなるため金融機関からの借入によって経営することが多くあります。借入金の返済原資は経費にはなりません。これは会計上は負債の減少になるため損益に関係する支出ではありません。キャッシュ自体は支出していますのでキャッシュの残高はマイナスとなります。したがって税金の納付を考えると、返済原資を除いた部分で税金分の利益を確保する必要があります。このように準備段階で地固めをしておくと、経営後にトラブルが起きてもすぐに対処することができます。