微笑む女性

一棟売りマンションを買おう|低リスクで安心

建設費を抑える不動産投資

集合住宅

収益率を高める工夫が必要

投資用マンションというのは購入者が居住するために販売されるマンションとは違って、不動産投資が目的で建てられたマンションのことです。不動産投資は初めて投資を行う人に人気があります。その理由は株などに比べてリスクが小さいことと、運用がうまくいけば毎月安定した収入が得られるからです。運用がうまくいくためには、投資用マンションの施工費用を抑える必要があります。投資用マンションを建設する時はほとんどの人が銀行から融資を受けます。融資を受けた金額は毎月ローンで支払うことになります。施工費用が高くなるとローンの返済額も大きくなります。ローンの返済額は投資用マンションの家賃収入で支払いますから、返済額が大きくなるとそれだけ収益が減ることになります。

少子化を踏まえた投資予測

収益率を上げるためには投資用マンションの施工費用を抑える必要があります。そのためにはどのくらいの規模のマンションを建てたらいいのか、事前にリサーチをする必要があります。マンションの規模が小さければそれだけ施工費用を抑えることができます。今後の少子化傾向を考えた想定した運用計画を立てることが大事です。少子化によって日本の人口は減少に転じていきますが、都市部ではかえって若者の流入が多いのでそれほど心配する必要はないのです。問題は地方でのマンション経営です。地方でマンション経営をする場合に、周辺住民の世帯数のリサーチが重要です。ファミリー層が多い場合は投資マンションの間取りもファミリー向けにします。単身者世帯が多い場合はワンルームにします。このように長期的展望に立てば投資マンションの規模を決めることができ、施工費用を削減することが可能になります。